孝行したい時分に親はなし。親孝行はお早めに

【後悔先に立たず】孝行したい時分に親はなし。親孝行はお早めに . 雑記
えーとも
えーとも

どーも。えーとも(@atomoblog)です。

突然ですが、あなたの親御さんは「親孝行したい」と思える親御さんですか?

えーともは両親大好きですし、育ててくれて感謝しています。

今回はえーともが「親孝行早くしなくちゃ」と感じた理由について個人的なエピソードを交えつつ書き殴っていきます。

大半の人は親のほうが先に亡くなる

しごく当たり前の話なんですけど、何らかの理由(事故・病気など)が無いと自分より先に親が亡くなります。

つい一年前まで「うちの親はまだまだ死なない」って認識で生活していました。

でも、命には限りがありますよね。
えーともの親も例外ではなく、命に関わる病にかかりました。

えーとも
えーとも

すんごい変な話かもしれないですけど「親が死ぬかも」なんて、めっちゃ遠い話だと思ってたんです。

この記事書いてる時点で親は60代前半だし。

「親孝行しなくちゃ」と感じた瞬間

親が病に倒れたとき

えーともの親はガンにかかりました。
現在は小康状態なのですが、いつ何が起こるかわかりません。

ガンの話を聞いたとき慌てふためき「治療始まる前にできるだけ親孝行しなくちゃ!」ってなりました。

連絡をもらった数日後には短い期間ですが実家に帰って顔を見せ、自宅に戻った後も毎日のように電話で連絡を取りました。

えーとも
えーとも

この時は
「里帰りで顔を見せる」

「一緒に映画やショッピングを楽しむ」

「家族写真を撮る」

といった親孝行?をしました。

その後も事あるごとに実家に帰るようにしましたが、時間や金銭面で毎週帰る事もできず悶々としておりました。

また、実家に居る兄弟や近くの親戚に色々と任せきりだったので、正直申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
親からは「お前にはお前の家庭があるからー」とは言われたものの、歯がゆい思いは消えなかったです。

その後、半年ほどの闘病生活を経て回復…したのですが再発、転移しました。
しかもこの記事書いてる最中に再発転移の報告をもらうっていうorz
おかげさまで親と過ごせる残り時間を現在進行形で意識させられています。

親のガンの心配をしなくて済むまでは実家に帰るときは目いっぱい、家族と過ごすようにしています。

えーとも
えーとも

ちなみに、この一件で兄弟と親戚の絆が一層深まりました。

苦難を乗り越えるとコミュニティの結束が強くなる一例だと思ってます。

実家から遠く離れて移住した時

話が前後してしまうのですが、実家から遠く離れて移住した時も「親孝行しなくちゃ…」と感じました。

なんでかっていうと「働きながら家事こなしてた母ぱねぇ」って感じたから。
母は週6日ほどフルタイムと半日を交えつつパートをしながら家事をしていました。

自分は週5日フルタイムで仕事しているのですが、それでも家事するのめっちゃ大変…。
平日夕食はお惣菜かファストフードのオンパレード。
良くて「焼いた肉と味噌汁」みたいな献立。

母は常備菜も使っていましたが一汁三菜が当たり前。
移住前は仕事から帰ったら”できたてホヤホヤ”の夕飯がコンバンハなんて毎日。

えーとも
えーとも

マジ…母ちゃん偉大…

ってーことで「お母ちゃん!今までありがとう!実家居る時はまだまだ甘えるけど頑張って親孝行するよ!」って気持ちになりました。

あと何回、親に会えるのだろう

遠方に住んでいるゆえ、親に会えるのは年に3回。多くて4回。

そこから親の寿命を平均で考えると長くて20年…って思うと、親に会えるのって多くて80回なんですよね。
平均3日間滞在するとしても240日。
一年にも満たない。

「まだ240回も会える」
「あと240回しか会えない」
どう感じるかは人それぞれですが、えーともは後者でした。

しかも残り20年ってのも平均的な寿命であって、病を抱えていると20年よりも早く亡くなる可能性があります。

えーとも
えーとも

ってーことを真剣に考えた結果「できるだけ親孝行しなくちゃ!」と思ってマメに親孝行している…つもり。

親孝行ってなんだろう

親孝行はGoogle先生によると

子が親をうやまい、親につくすこと。孝行。

とのこと。

親をうやまって、親のために何かをすることが親孝行につながるようです。
※親がやってほしくないコトをするのはヤメよう

親孝行は何をするのが良いのか

えーともの小さい脳みそで必死に考えた親孝行は

  • 里帰り
  • 連絡する
  • 孫の顔を見せてやる
  • 食事に招待する
  • (経済的に自立して)安心させてやる

といったところ。

えーともがよく(?)やっているのは「里帰り」と「連絡する」です。
詳しく書いていきます。

里帰り

やはり顔を見せるのが一番うれしいだろうってコトで年に2〜3回ほど里帰りするようにしています。滞在期間も長めに取れるように有休使ったり、連休に絡めたりして里帰りしています。

もっと気軽にリモートワークができる社会になったらいいなぁと思わずにはいられないですね。

えーとも
えーとも

この記事書いてたら親からガンの再発&転移の連絡が来ました。
コレを機に治療のサポートしつつ働けるように環境を変えようと思い切って会社に退職宣言。

決意は一瞬で終わったけど、後始末が大変ってことでお仕事大炎上。

連絡する

「便りはないのは良い便り」とは言うものの、親がこちらの健康とか経済状況を心配しないように「元気やで」アピールはちまちまやっています。

本気で連絡しないと3ヶ月くらい連絡しないとかザラなのでマメに連絡取るようにしてます。
何も無い時は2週間に一度くらいの間隔で連絡してます。

えーとも
えーとも

闘病生活中は検査結果の共有などの関係で連絡取り合う頻度が上がるから、ほっといても密に連絡取れるんだけどね。

大事なのは平時よ。

できるコトなら孫の顔を見せてやりたい

と、いうことでとりとめのない内容でしたが親孝行のお話でした。

ホントは孫の顔を見せるのが一番の親孝行だとは思うのですが「子どもは天からの授かりもの」ってことでなかなか難しいですねぇ(´ε`;)ウーン…

何はともあれ、これからも残り時間を意識し、足りない脳みそ振り絞って親孝行していきます。

えーとも
えーとも

実家住みとか、実家が近いって人は親が元気なうちに親孝行するんやで!
後悔先に立たずだからな!

 

んでは、えーともでした!

コメント