iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥った時の対処法

デジタルガジェット
えーとも
えーとも

どーも。えーとも(@atomoblog)です。
動くスマホは複数所持しておくべきだと身にしみた一件からお役立ち情報を提供。

先日、iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥って、にっちもさっちもいかなくなりました。
その時にえーともが行ったり、検討したりした対処法をご紹介。

ちなみにリンゴループは車に乗ってる15分ほどの間に突然発症しました。

リンゴループとか興味ねーよ!って人も居るかと思いますが、ホントに突然起こる故障なので予備知識程度に読み流していくと後々役に立つかも。

iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥ったときの対処法1.iTunesを使ってリカバリーする

パソコンを持っている場合に試せる方法。
パソコン持ってない方は誰かから借りるか対処法2へどうぞ。

「そうだ!ネットカフェだ!」って思った方、多くのネットカフェではお客さんが勝手にアプリケーションをインストールできないようになっているので、リカバリを実行できない可能性のほうが高いです。ご注意を。

対処法1-1.最新版のiTunesをインストールする

作業するパソコンにiTunesがインストールされているかをまず確認。
インストールされていなければAppleからインストーラをダウンロードしてインストールします。
ダウンロードは↓からどうぞ。

iTunes - アップグレードして今すぐiTunesを手に入れよう
macOS MojaveにアップグレードしてiTunesを手に入れましょう。Windowsパソコンをお使いの方はiTunesアプリケーションをダウンロードできます。どこまでも広がる音楽や映画の世界へようこそ。

iTunesがすでにパソコンにインストールされている場合は、最新版へのアップデートを行います。
詳しくは↓をチェック!

最新バージョンの iTunes にアップデートする
Mac または Windows パソコンで最新バージョンの iTunes を入手する方法をご案内します。

対処法1-2.iPhone7をリカバリーモードにする

再起動ループ(リンゴループ)中のiPhone7の電源ボタンと音量↓ボタンを同時に押し続けます。
押し始めたタイミングによっては、けっこう時間がかかることがあります。
30秒くらいは長押しする覚悟で。

すると、パソコン版iTunesアプリのアイコンとライトニングケーブルをつなぐような画面に切り替わります。

これでiPhoneがリカバリーモードになり、iPhone側の準備が完了。

対処法1-3.iPhone7とパソコンを接続する

1-2でリカバリーモードにしたiPhone7をiTunesが起動しているパソコンにつなぎます。

パソコンの画面上に「アップデートまたは復元を必要としているiPhone(以下略」といったメッセージが表示されます。

対処法1-4.復旧方法を選択する

メッセージには選択肢として「アップデート」と「復元」が表示されます。
この選択肢は

  1. 内部のデータを残したまま最新のiOSをインストールし、復旧を試みる
  2. 工場出荷状態にまで戻してから最新のiOSをインストールする

のどちらを実行するかを問いかけています。

「アップデート」を選ぶと1の処理が実行され、「復元」を選ぶと2の処理が実行されます。

えーとも
えーとも

バックアップをサッパリとっていなくてデータが無くなったら困るという場合は1を最初に選ぶといいですよ。
少しでもデータをサルベージできる可能性があります。

処理実行後、正常にiPhone7が起動すれば復旧完了

選択された処理が実行された後、iPhone7が正常起動すれば復旧は完了です。

もしも「アップデート」の処理後に正常に起動せず、再び再起動ループ(リンゴループ)に陥ったときは再度対処法1-2から進んで「復元」を実行してみましょう。

「復元」を実行すると内部のデータが全て消去されます。
「どうしてもデータをサルベージしたい」という方は「復元」を実行せずに対処法2へ進んでください。

iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥ったときの対処法2.バッテリーの完全放電

iPhone7に搭載されているバッテリーの中の電力を全て使いつくしてからっぽにします。

これで不具合が治ることもあるようです。

えーとも
えーとも

実際に試してみたところ一時的に症状が解消しました。
セットアップ作業中に再び再起動ループ(リンゴループ)に入っちゃいましたけど…。

対処法2-1.iPhone7の再起動ループ(リンゴループ)を放置する

作業を開始する時にiPhone7の電源を切っていたら、電源ボタンを長押しします。
その後は再起動ループ(リンゴループ)が始まるハズですが、あえて放置してバッテリー内の電力を消費させます。

対処法2-2.「バッテリーに電力が無い」表示になるまで待つ

バッテリー内の電力を消費しきると電池の中身が赤いアイコンが黒い画面上に表示されます。

この画面です。

この状態になる前に再起動ループ(リンゴループ)が停止する場合は再び手動で再起動ループ(リンゴループ)を誘発させます。

対処法3-3.充電を始める

iPhone7のバッテリーが空になったのを確認したら充電を始めます。

正常にiPhone7が起動して操作できたら復旧完了

ある程度、充電できると自動的にiPhone7が起動します。

この起動の際に再起動ループ(リンゴループ)に陥らなければ復旧が正常にできている…かも?

もしも正常に起動できたら、いつ同じ症状が出ても大丈夫なようにデータのバックアップを取りましょう。

iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥ったときの対処法3.Appleに修理してもらう

購入後一年以内やAppleCareの保証期間内の場合、自然故障と判断されれば無償修理を受けられます。

Appleで修理してもらうには主に2つの方法があります。

対処法3-1.持ち込み修理

Apple StoreやApple認定の正規サービスプロバイダにiPhoneを持ち込んで修理してもらう方法です。

事前にWebまたはコールセンターからの予約が必要な点にご注意。

飛び込みで修理を依頼する場合、開店時間に受け付けてもらっても見てもらうまでに数時間〜1日かかることが多いです。
時間と体力を消耗したくない場合は事前に予約しましょう。

Apple Storeで持ち込み修理をしてもらうメリット

個人的な意見ですが再起動ループ(リンゴループ)のような「パッと見、故障箇所がわかりづらい故障」はApple正規サービスプロバイダよりもApple Storeに持ち込み修理を依頼したほうが良いです。

理由としては2つあって

  1. 専門のスタッフが手厚くサポートしてくれる
  2. 「修理しないで新しいのを買おう」と思った時にすぐ買える

といった点があります。

1については、修理する場合の金額や修理後の保証期間についてこちらが理解できるまで説明をしてもらえます。

えーとも
えーとも

リンゴループの場合は「修理」じゃなくて「本体交換」になるけどね。

また、目の前で復旧できないかもチャレンジしてくれます。
結局やってるのは対処法1のリカバリと全く一緒だけどね。

えーともは結局、

  1. Apple Careが10日ほど前に切れてる
  2. 本体交換のお値段(約40,000円)
  3. 交換後の保証期間(3ヶ月。同じ症状が出た時のみ保証)

の兼ね合いで新しくiPhoneXRを購入しました(´・ω・`)

対処法3-2.配送修理

iPhoneをAppleの修理センターに発送して修理してもらう方法。

Appleのサポートページに電話番号を入力して、コールセンターからの折返しを受けて手続きを開始します。

長いと10営業日(約2週間)ほどかかるそうな。

えーとも
えーとも

えーともは待ち時間(見込み)が我慢できないので、ソッコーで持ち込み修理に決定しました。

運良く当日の修理予約枠が空いていたので滑り込みで予約しました。

ちなみに、Apple Careに加入していると「エクスプレス交換サービス」という修理サービスが利用できます。
「エクスプレス交換サービス」は故障したiPhoneを発送するための資材と一緒に代わりのiPhoneを送ってもらえるサービス。

んがしかし、このサービス使うとAppleの修理センターで「ガチで故意じゃない故障やねコレ」って判断されるまでクレカでトンでもない金額(新品のiPhoneと同額)が決済されるという点にご注意。
故障内容に問題が無いって判断されたらクレカの決済金額が11,000円+αに変更されます。
判定出るまでがコワイ。あと、クレカの締日またぐパターンもコワイ(翌月返金あるけど)。

故障の症状が修理センターで再現されなかった場合、元々のiPhoneと届いたiPhoneを入れ替えて返送する必要があるので一件落着するまで届いたiPhoneの取扱にご注意
えーとも
えーとも

iPhone5を使ってた頃にエクスプレス交換サービスを利用したことがあるけど、正直言ってかなり助かった。

使える電話が無い、予約に使えるパソコンも無いという場合

持ち込み修理の予約であればネカフェのパソコンからできなくは…ないです。
がしかし、運良く予約枠が空いてるかどうかもわからないのがネック。

このような場合は長時間待ちを覚悟してApple StoreかApple正規サービスプロバイダに持ち込み修理をするのが無難かもしれません…。

ちなみに3大キャリア(docomo, au, softbank)と契約してiPhoneを使っている場合は各キャリアの店舗に行って相談してみましょう。
「Appleに連絡するためのパソコンも電話も無い!助けて!」って言ったら代替機を貸してくれるかもしれません。

えーとも
えーとも

こういう時のサポートを受けるための3大キャリアですしね〜。

格安SIMを使うには自分でいかなるトラブルをも乗り越える胆力が必要だと思ってる(楽天モバイルユーザー

iPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥ったときの対処法4.街のスマホ修理店で修理してもらう

Apple StoreならびにApple正規サービスプロバイダ以外の店舗で修理を受けるとAppleからのサポート対象外になるのでご注意。
保証期間内の場合はAppleに修理してもらいましょう。

「どうしてもデータをサルベージしたい!」「保証期間切れてるんだよ!チクショー!」って人は街のスマホ修理店にお願いしてみましょう。

なお、店舗によっては「ボタン故障」とか「液晶交換」「バッテリー交換」といった定型的な修理のみ受け付けているところもあります。

できるだけ事前に電話して

  1. 再起動ループが直せるか
  2. 修理金額
  3. 修理後の保証

について聞いておくと無駄足を踏まなくて済みますし、新機種への買い換え検討もできます。

えーとも
えーとも

ネットでお店を探す場合は
「iPhone 再起動 ループ 修理 地域名(例:大阪)」
みたいなキーワードで検索をかけると近所で修理ができそうなお店を見つけられますよ。

さいごに バックアップはこまめに取りましょう

さて、記事の冒頭にも書いた通りえーとものiPhone7が再起動ループ(リンゴループ)に陥ってお釈迦になりました。

買い換えるつもりなんてさらさら無く、更に言うと1ヶ月前にApple Careでバッテリー交換をしたばかり。
ホントはあと2年ほど使うつもりでした(´;ω;`)

そんなことを考えていて、パソコンにバックアップを取っていなかった結果下記のデータを失ったり失いかけたりしました。

  • 写真
  • アプリのデータ
  • 連絡先(*)
  • LINEのトーク履歴(内容が暗号化されててサッパリ)

*…iCloudの「連絡先」にはバックアップを取っていなかったのですが、新しく買ったiPhoneでiCloudのバックアップから復元したら戻ってきました

写真については2週間ほど前にGoogleフォトアプリでバックアップ取ってたので致命傷は避けられました(ノ∀`)

と、いうことでMacbookの件に引き続きですが月1くらいでパソコンにバックアップ取っておきましょうね\(^o^)/

パソコン無いって方はiCloudに全部自動でバックアップするように設定しておきましょう。

えーとも
えーとも

それでは、えーともでした〜

あわせて読みたい

水濡れで電源が入らなくなったMacbook Airを修理。総額はいくら?
どーも。えーともです。先日、水をこぼしてMacbook Airが立ち上がらなくなりました。倒れたグラスは立ち上がった(立ち上がらせた)のにね(誰うまMacbookを続けて使うの諦めてWindowsPCで候補を探したこともありまし...

コメント