1年半の睡眠ログからわかった睡眠の質に悪影響を与える6つの行動

睡眠の話

どーも、えーともです!

皆さん、夜はよく眠れていますか?
自分は長時間寝ているほうだと思うのですが、寝起きがどうにもスッキリしない。

そんな方のために睡眠ログを取り始めてからの1年半で実感した睡眠の質に悪影響を与えると個人的に感じた行動をご紹介いたします。

1年半ほど睡眠ログをとって気づいた「睡眠に悪い行動」

寝る直前のスマホ

ベッドでスマートフォンを弄る女性

コレやると深い睡眠が短くなる上にチョコチョコ目が覚めてるのがグラフでわかります。
スマホでメールチェックするとカプチーノ一杯分のカフェインと同じ効果がーってのはよく言ったもので。

ここ半年ほどは出来るだけスマホをベッドに持ち込まないようにしています。

寝起きのスマホチェックはいい感じに二度寝防止になるので、デジタルのイイトコ取りをやっていきたいです。

寝る直前のお風呂

浴室の写真

寝る直前ってのは30分前とかのこと。
1時間から1時間半ほど前のお風呂だったら逆に寝付き良くなります。

30分前とか15分前にお風呂入ってほっかほかの身体で寝ようとすると体温が上がった状態なのでなかなか寝付けない。

帰りが遅くなってお風呂も遅くなった時はお風呂上がりに薄暗い部屋で静かめの音楽聞きながら読書して眠くなるの待つことにしてます。
そして削れる睡眠時間(´・ω・`)

長時間の昼寝、夕方の仮眠

昼寝のイメージ

3時間以上の昼寝と16時以降の仮眠は寝付きにガンガン影響します。

仮眠から起きて「まだ眠い〜」って思いながらお風呂入って再度寝ようとすると眠れなくなる。
眠っても眠りが明らかに浅い。寝起きもだるい。

夕飯食べたあと「疲れた〜」って言って横なって寝ちゃったら朝までガッツリ寝たほうが睡眠の質も良いし、朝スッキリ起きられる。
長時間寝られるタイプの人は朝までガッツリ寝ちゃうのオススメ。

夕方以降のカフェイン

コーヒーの写真

カフェインと言えばコーヒーですけど、紅茶のほうがカフェイン含有量多いんですよね…

自分の場合は15時以降に紅茶やコーヒーを飲むと明らかに寝付きが悪くなります。
カフェイン耐性ある方はいいですが夕方以降はホントに止めといたほうがいいです。

ちなみにウーロン茶にも多少なりともカフェイン入ってるので飲み会でウーロン茶の飲み過ぎにもご注意。

飲み会

飲み会のイメージ

えーともはアルコールの耐性が無いので全く飲めません。
でも飲み会大好き。

そんな下戸のえーとものお供はウーロン茶。
脂肪の吸収を防いでくれるありがたーい飲み物。
でもカフェイン入ってる。

更に飲み会って楽しいから興奮しちゃうんですよね。
帰る時間もいつもより遅くなるのでお風呂入る時間も遅くなる…。

興奮+カフェイン+遅めのお風呂。
このトリプルコンボのおかげで飲み会があった日の睡眠の質は最悪です。

お願いだから飲み会は金曜日にして。゚(゚´Д`゚)゚。

※最近はカフェイン対策にジンジャーエール飲むようにしてます

夕食でのドカ食い

メガ盛りのイメージ

健康的なメガ盛りの一例

寝る直前の食事は太りやすいという事で避けている方もいるかと思います。

ところがどっこい、時間置いててもドカ食いしてたら今度は睡眠に響く。
「今日は食べるぞ〜」とか言ってお腹痛くなるくらい食べると翌朝に響く。
起きたら変に体温高いし、身体はだるいし、体重増えるしでホントいいこと無いです。

30代という歳のせいという可能性もありますが、夕食は軽くほどほどに食べるのが健康にもつながります。

生活スタイル的に夕食軽くが難しいんですけどね(´・ω・`)
QoL向上のためにも胃腸には優しく生きたい。
美味しいものでも腹八分目に抑えたいところ。

睡眠の質にこだわると朝が快適になる

朝のイメージ

あーたーらしーい あーさがきた♪

ということで睡眠の質に影響を与えると個人的に思ってる行動でした。

紹介した行動を避けると朝がマジで快適になってきます。
生まれてこの方、平日は万年ねぼすけだったのがココ半年ほどは早起きできるようになりました。

まぁ、早起きしたところでぼーっとしてたりスマホ弄ったりしてるので朝活はサッパリできてないんだけどな!

みんなも睡眠時間を確保しつつ、睡眠の質を上げると朝が楽になるから試してみるといいよ!

睡眠の質を良くする行動については↓の記事も参考にしてね!

個人的に「睡眠の質が良くなったかも」と感じた行動8つ
どーも、えーともです! 今回は「睡眠の質に悪影響を与える行動」の逆「睡眠の質が良くなるっぽい行動」をご紹介。 睡眠の質に悩んでる人は参考にしてみてください。

んでは、えーともでした!

コメント