お手軽に健康管理!睡眠ログをとる4つの利点

睡眠の話

どーも、えーともです!

皆さん、睡眠に満足してます?
長時間寝たのにスッキリできなーい!という方は睡眠ログを録ることをオススメ。

今回はなんで睡眠ログを録ると良いのかをご紹介〜。

睡眠ログをとる利点

実際の睡眠時間がわかる

Fitbitアプリの睡眠ログの一覧画面

Fitbitアプリの睡眠ログの一覧画面

寝付きが悪い方ならわかると思うのですが、お布団に入っている時間=睡眠時間ではないですよね。
心拍計付きのウェアラブルデバイスで睡眠ログを取ると心拍数と体の動きから実際の睡眠時間が把握できます。

あぁ、なんか今日だるいなぁって思ったら寝付けてない時間が長かったんだなぁといった感じ。

目標とする睡眠時間がある場合は、寝付きまでどれくらいの時間がかかるかもわかるので「このくらいの時間にはお布団入らないとなぁ」ってのもわかってきますよ。

健康管理の指標になる

体調崩した時に睡眠ログを確認すると明らかに睡眠時間を削って遊んだりするのが丸見え。
ログを振り返ると健康管理なってないなぁと自己反省できる(白目

Fitbitアプリ睡眠ログ-一週間の睡眠時間

目標時間と比べて極端に短い日が続くと体調悪くなってきます…

あと、仕事のパフォーマンスの指標にもなります。
睡眠時間と睡眠の質の悪さがダイレクトに仕事のやる気とパフォーマンスに影響を与えてきます…。
仕事人間ではないのですが、やる気が出ないのは困るので睡眠の質にはこだわってます。

就寝前の行動が睡眠に与える影響を確認できる

就寝前、本を読んでスマホをいじらずに寝たときと、寝ながらスマホをいじってから寝たときってどっちが質の良い睡眠が取れてると思います?

私は読書してスマホをいじらないで寝たほうが睡眠の質が良かったです。

「テレビとか情報サイトで散々言われてることじゃーん」って思うでしょうが、百聞は一見にしかずという事で実際に試してみると全然違うってのを身にしみて感じました(;´Д`)

睡眠に対する心構えが変わる

人にもよると思いますが、グラフィカルでわかりやすい睡眠ログを見ていると「もっと質を良くしたいなぁ」と思うようになりました。

単なる凝り性といえば凝り性かも。

それでも睡眠時間と質を意識したら夢見の悪さも改善されたので結果としてログを録ってよかったです。

睡眠ログの録り方

スマホアプリ

iPhoneのアプリなのですが「Sleep Meister」というアプリを使って睡眠ログをとってました。

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラームLite

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite

Naoya Araki無料posted withアプリーチ

このアプリは起きたい時間を範囲で指定できるのですが、その範囲の間で一番睡眠が浅くなったであろうタイミングで振動と音で起こしてくれるので寝起きがちょっと楽でした。

寝相から睡眠の質を把握し、設定を追加すればいびきや寝言も録音しちゃえる素敵アプリです。

あと、朝起きた時に前日に行った「睡眠に影響を与えそうな行動」にチェックつけるってのもできます。
チェックリストの内容は自由にカスタマイズして自分流の睡眠ログがつけれますよ。

ただ、自分の場合は家族と同じベッドで寝てるのもあって、寝相のグラフがあまり参考にならなかった気がしてスマートウォッチを購入して記録方法を切り替えちゃいました。

一人で寝てる方にはオススメのアプリだと思います。

スマートウォッチ

1年半ほど前からやってる記録方法。

えーともはFitbit Charge2をつけて生活してます。
お散歩などの運動記録をとるよりも詳細な睡眠ログを録るのを重視して使用してます。

なんでFitbit Charge2なのかというと心拍数を計測してくれるから。
Fitbit Charge2は心拍数と身体の動きから寝たかどうかを判定していて、これがわりと正確な気がするのです。
たまーに「この時間、まだ寝付けてなかったと思うんだけどなぁ」ってのもあるんですけどね(;^ω^)
まぁ、おおむね正確です。

Fitbitアプリ睡眠ログ-ステージグラフ

この日は寝る前読書にしたので割りとまともなグラフしてる

ということでスマホアプリよりも詳細で正確な睡眠ログを録りたいという方はApple watchやFitbitの心拍計付きタイプ(Charge2とかAlta HRとか)を購入するのをオススメします。

どの商品を選ぶかは充電が必要になるスパンと心拍計の品質を意識して選ぶといいかな。

Apple watchは既存のスマートウォッチの中では心拍計の精度が高く、多種多様なアプリが利用可能。
Fitbitは電池長持ち、AndroidとiOS双方で使えるという方向で住み分けできてます。

個人的なオススメはスマートウォッチ

スマホアプリだと

  • アプリの起動を忘れるとログがとれない
  • アプリ起動中は電力を消耗するから充電しながらじゃないと翌朝困る

という2点がかなり不便です(;´ω`)

その点スマートウォッチでの睡眠ログって自動なので、腕時計つけたまま寝るのに慣れてしまえば楽な記録方法だと思ってます。
Fitbitだったら毎日充電しなくても済みますし。

あと、起きる時に音じゃなくて振動で起こしてくれるので朝からビックリしなくていいんですよね。臆病者の味方です(笑)

おわりに

睡眠ログって体温計測とかと比べたら「アプリ起動するだけ」とか「腕時計つけて寝るだけ」で記録できるのですごい楽にできる健康管理法だなぁって思ってます。

睡眠について困ってる人は睡眠ログをとって、睡眠の質とかに影響を与えてそうな要素を一つずつ検証していくと解決に役立つかもしれないですよ〜。

んでは、えーともでした!

コメント