Macbook Airお亡くなりになる…の記録

やらかした

どーも。えーともです。
えー、タイトルの通りMacbook Airがお亡くなりになりました。

今回は間抜けな行動からMacbookが回復不能に至るまでの記録を物語テイストでお送りいたします。

Macbook Airに水をぶちまけた

2018年5月28日の午後7時。
えーともは「今日もブログ更新すっべ!」と思い、Macbookを食卓に置いた。

Macbookを開いた時、視界の左端に水の入ったグラスが見えた。
そのグラスを見ながら「あ。気をつけないとな」と思いながら手を動かす。
左手を動かしたその瞬間、無慈悲にもグラスは倒れ、水はMacbookに降りかかるのであった。

って書きながら泣きたくなってきたぞ。・゚・(ノД`)・゚・。

水とりぞうさんとMacbook

あわわわわわとなりながら急いで水を拭き取り、Macbookを逆さまにするえーとも。
奮戦虚しく、Macbookは小さくジュ~という音を立てた後、液晶は真っ暗になった。

「あ。ショートしたわコレ。・゚・(ノД`)・゚・。」

とりあえず、これ以上の侵食は避けないと。
完全に乾燥させたらワンチャン復活いけるかもしれんし!

えーともはひとまず、Macbookと水とりぞうさん(除湿剤)をスーパーのビニール袋に入れて密封した。

がんばって!水とりぞうさん!

修理するか買い替えか

「こんな時のためのApple Careだよね!」と考え一度Appleのサポートを受けることにしたえーとも。
しかし、電話サポートからの返答は悲しいモノだった。

え「今回のパターンの修理って、最大でいくらかかります?」
サ「水濡れの修理ですと、一番多いパターンで91,800円ほどかかります」
え「えーっと、その価格だと買い替えも視野に入ってくる…?」
サ「こちらからはご提案はできないのですが、お使いのMacbook Airより少し大きくなる13inchが98,800円からございます」

MacBook Air
より薄く、より軽くなった新しいMacBook Airは、Retinaディスプレイ、Touch ID、最新世代のバタフライ構造キーボード、感圧タッチトラックパッドを搭載しています。

え「たしかApple Careもそろそろ切れますよね…」
サ「あと80日ほど残っております」
え「あー…わかりました。検討します…」

ほえあああああああああああ買い替えコースしか無いやんけえええええええええ。・゚・(ノД`)・゚・。
買い換えるか?買い換えるか…?
でも、今より大きくなったら仕事用カバンに入らなくね?
ってーことは同じくらいのMacbook 12inch?
え、高くね?

どうする?どうする!?えーとも!?

WWDC2018を思い出す

そういえばWWDC2018がそろそろじゃなかったっけ?と思って調べてみる。

2018年6月5日 午前2時頃

一週間ならデスクトップPCが突然真っ青にならない限りは耐えられると判断。
発表内容次第で修理か買い替えかを判断することにした。

戻らないデータに想いを馳せる

その後、風呂の中でMacbookの中の戻ってこないであろうデータについて考えていた。
Timemachineの中にあるバックアップは70日前のモノ。
この時から何が変わったか、というとCD一枚分の音楽データが追加されたくらいである。

またMacにすればTimemachineでもとに戻せばダメージほぼ無いよなぁ。
仮に次のPCをWindowsにしたら何か困ることあったかなぁ…。

大半のデータはクラウドに置いてた

えーともはGoogle Homeを導入した時、音楽ファイルはほぼ全てGoogle Play Musicにアップロードしている。
写真は以前、量が増えすぎてストレージ容量が不足した際にGoogleフォトに避難している。
仕事用ファイルに至ってはOneDriveでリアルタイムにクラウドに保管していたので全く問題は無い。

Macbookの中にあるデータの中で取り返しがつかないデータは無かった。
あーよかった!ホントよかったよ!

VAIO Type P。お前もか

翌日「ノートPC無いと無いでちょっと困るし、古いヤツ引っ張り出すべさ!」とかなーり前に購入したVAIO Type P(通称:Pさん)を引っ張り出した。

実は数年前に里子に出していたPCなのだが、数ヶ月ほど前に「もういらないから返す~」ということで返ってきたPCだった。ナイスタイミングで返ってきたぞPさん。

しばらく使われていなかったPCだけあって、大量のWindows Updateがあったり、今では要らないソフトが大量に入っていたりと中身が汚いのでとりあえずリストアをすることにした。
起動してる状態からリストアの実行を開始してPさんを再起動。

ああああああああああああああああ\(^o^)/
お前も起動不能とかどういうことなのおおおおおおおおおおおおおおお\(^o^)/

呼吸を止めて一秒。真剣に考える。

とりあえず、光学ドライブつないでWindows7のインストールメディア動かしたら何とかならない?
ストレージとの接続切れてるっぽいからできない?

光学ドライブを繋いでインストールメディアを入れる→64bitモードじゃないとダメっぽい英語メッセージ
ASSISTボタンで起動→同じブートエラー

結論:無理でした(´・ω・`)

あわれ!朝、元気に動いていたハズのPさんは天国への扉を勝手に開いて逝ってしまった!

oh…oh…

Macbookは蘇るのか

一方、24時間ほど水とりぞうさんと密閉空間で過ごしたMacbook Air。
調べまくった結果、電源コードをつないでLEDが点灯すれば生きてる可能性があるらしい。

ということで開封アーンド電源コード接続!

………ウンともスンとも言わない(ノД`)シクシク

あわれ!Macbook Airは石版と化してしまった!


と、いうことで水に濡れたMacbook Airは帰らぬ人となり、ついでに往年の迷機VAIO Pも天国に逝ってしまった。
「動くPC3台もある~余裕あるわ~あっはっは~」とか思ってたのがたった30時間くらいで1台にまで減るのだから運が無かったとしか言いようがない。

こんな状況ですが、先に述べた通りWWDCの内容を待とうと思います。
Macbook Air 11inchはもう無いだろうなって一応わかってはいるんですけどね…。希望を捨てきれない(ノД`)シクシク

一週間「Macbook修理して、5万以内で済んだらMac miniも買おうかな~」「それともiPad買おうかな~」「いっそのことSurfaceに」とかやって、なんとかポジティブに過ごそうと思います。

それでは、えーともでした!

コメント