イザという時に役立つかも?和歌山県防災ナビを使ってみた

感想

どーも。えーともです。

先日、和歌山県から防災アプリがリリースされたのでDLしてみました。

和歌山県防災ナビ

和歌山県防災ナビ

和歌山県無料posted withアプリーチ

わかやま国体のキャラクター「きいちゃん」がトレードマークのこのアプリ。
どんな機能があるのか、どんなことに使うのかについてご紹介。

災害に関する機能が集約されたアプリ

和歌山県防災ナビはその名の通り、災害による被害を未然に防いだり、災害による被害を軽減するためのアプリ。

具体的な機能としては

  • 防災情報/気象情報
  • 避難トレーニング
  • 地図ベースでの各種情報確認(ホーム)
  • 避難カード
  • 避難先リスト

ってのがあります。

地図ベースでの各種情報確認(ホーム)

アプリを一番最初に開いた時に出てくる画面。
アプリに位置情報サービスの利用許可を与えていると現在地周辺のGoogleMAPがまず表示されます。

この状態で画面右にある「避難先検索」を押すと

こんな感じで地図上に近くの避難先が表示されます。

ちなみに「フィルタ」をタップすると

どんな災害の際に利用できる避難場所を表示するかをフィルタリングできます。
開設中の避難所と医療機関が確認できるのはいざという時安心。

「マップ」をタップすると

国土地理院マップや色別標高図といった普段のスマホ地図とは違った表示に切り替えられます。
一刻も早く津波から逃げなければいけない時に色別標高図は重宝しそうです…が、この記事書きながらイジってみると色別標高図の画像が上手く表示されないです。
リリースされたばかりなので、この辺りはしょうがないのかもしれないですが緊急時にはしっかり動いてもらいたいです。

「マップ」の下にある「ハザード」は車のランプ…じゃなくて、ハザードマップの略だと思われます。
タップすると

こんな感じで確認したいハザードマップの種別を選択できます。

試しに「津波・浸水想定(南海トラフ巨大地震)」をタップしてみます。

色でどれくらいの高さまで津波が来るのかがわかります。
凡例によると緑→黄→ピンク→赤→紫の順で波が高くなるとのこと。

これ、色弱の方判別つくのかな…(;´Д`)
自分、色覚異常の診断は無いものの色の判別が若干苦手です。
先程の津波予想の地図見てたら「え、これピンク?紫?」ってなったので、もうちょっと色なんとかならんかな…orz

気を取り直して、お次は「AR」。
タップすると…

申し訳ないですがガッツリぼかしてます

先ほどまで表示していた地図と共にカメラを向けた方向に避難所があるかどうかの表示がされます。
カメラの方向を変えると随時避難所の方向が変わっていきます。

地図と一緒に表示することで山間によくある「行ってみたら道がねぇ!」を避けられます。たぶん。
あと、方向音痴の方もコレで安心して避難所行けるかも?
ジャイロの調子が良ければって条件つきそうなのが難点か。

AR動作中は右下の「マップ」をタップすれば地図の画面に戻れます。

防災情報

避難勧告、避難所情報、国民保護情報などの防災に関する情報を確認できます。

イベント情報は防災関連イベントの情報が出るのかな?
履歴を確認してみたのですが、何もありませんでした。
運用開始したばかりだからね。しょうがないね。

一番下には「海の安全情報」などのお知らせが表示されてます。

緊急度の高い順に情報が並べられてるのは良いことだと思います。

気象関連

指定河川洪水情報や土砂災害警戒情報、全国の地震情報、竜巻注意情報などなどが確認できます。

上から発生頻度の高い災害の順に並んでいるようです。
各災害にアイコンを設定して、タップしたら各情報にジャンプするほうが見やすい気がする。

噴火警報・予報なんかはひたすらスクロールしないと見えないです。
まぁ、和歌山県民には縁の無い災害だからしょうがないのかな…。

避難トレーニング

避難トレーニング

タップしても反応しない。
未実装かな?
もしくはイベント専用か。

避難トレーニング記録

避難トレーニングの履歴でしょう。
真っ白でした(`・ω・´)ゞ

津波シミュレーション

津波シミュレーションは地震発生後から30秒刻みでどの程度津波が来るのかを眺められるモードのようです。

自分が普段居る場所はどの程度で津波が来るのかを知っておけば、被災時の行動指針になる…のかな?
知らないよりは知っておいたほうが良い情報ではあると思います。

避難カード

自分の生年月日、住所などの個人情報と事前に登録した避難先の確認ができる機能です。

家族グループは複数所属できるのかな…?
「家族」とはいうものの、「友達」でグループ組んでも良さそう。

避難先リスト

各市町村の避難先を確認できる機能。
避難所を探してタップすると地図で場所や標高を確認できます。

どこの避難所やねん!ってなった時に使うのか…?
どんな時に使うのかちょっと予想つかない。

【難点】バッテリーの消費がマッハ

このアプリ、バックグラウンドでの位置情報サービスの利用を許可するとマッハでバッテリーを消費していきます。おっそろしー。

ということで、位置情報の許可はアプリ起動中だけにしとくといいです。

被災時は電力が貴重なので消費量はホントなんとかしてほしいトコロです。
土地勘無いところで避難しきる前にバッテリー無くなったら詰みに近い状況になっちゃいますからね。

浸水予想の色も含めて改善してもらいたいなぁ。

和歌山県民はインストールしといてもいいんじゃない?

ってーことで、和歌山県防災ナビのご紹介でした。

和歌山県民のみならず、和歌山県に観光で来る予定のある方もインストールしといたら避難所の確認ができて安心できるのではないでしょうか。

それでは、えーともでした!

 

コメント