Macbook Air 11inchからの買い替えを検討してみる

雑記

どーも。えーともです。
ノートパソコンを買うとき、MacにするかWindowsにするか悩むときってありませんか?

今回はつい一昨日までMacbookを使っていた私がMacbookからWindowsへの買い替えを検討します。

Macbook Airお亡くなりになる…の記録
言葉にできな~い♪ってレベルじゃねーぞ!Macbook Airの水没から回復不能と判断するまでのすったもんだの軌跡。巻き込み事故の如く起動不能になる元相棒。いつ起動不能になるかわからないパソコンと共にWWDCまでの一週間を切り抜けろ!

よかったら参考にしてみてください。

Macbookが魅力的だった点を考える

「Windowsじゃなきゃ困る」という点はなくても「Macじゃなきゃ困る」という点があるというのが今の自分。
そんな自分がMacbookのどの部分に魅力を感じていたのかを整理してみます。

質量

Macbook Airを買った理由として「軽さ」があります。
先日まで使っていたMacbook Air(11-inch. early 2015)は1.05kg。

10万円ちょいのノートPCで1.05kgは魅力的でした。

サクサク感

なんかこう、Windowsの起動直後のモッサリ感を会社で毎日味わっていると起動したら割とすぐサクサク動いてくれるMacOSはすごく優秀だなぁと思います。

基本、画面が動いているので待たされる感じがあんまりしないところがホントにイイなと思います。

WindowsもSSD搭載モデルならサクサク動くのですが、オプションでSSD搭載にするとメーカーによっては価格が跳ね上がりますからね…。

その点、MacbookはデフォルトでSSD搭載なのが魅力的。

サイズ

Macbook 11inchって絶妙なサイズでクリアファイルが余裕を持って入るサイズのビジネスバッグに上手く収まってくれます。

これ以上大きいサイズになるとカバンに収まらなくなるので、ちょっと辛いですね。

画面の切り替え

Macってタッチパッドを3本指でスワイプすると画面を切り替えることができます。
疑似マルチディスプレイみたいな動きができて、実際の画面サイズよりも画面が広く感じられます。

この機能がWindowsにもあったらなぁと思わずにはいられません。

っていうか、Windowsの場合はタスクバーがちょっと邪魔…。

バックアップがTimemachine

最後にとったバックアップが外付けHDDにTimemachineでとっちゃったんです。
バックアップ済みのファイルの中で「失ったら超痛い」というモノは無いものの、同じ環境を構築し直したいという気持ちもあります。

Windowsでの必要スペックを考える

と、いうことでMacbookである必要性を簡単に5つほど列挙しましたが「Timemachine」と「画面の切り替え」を諦めるとしてWindowsだと同じような使用感を得るためにどれくらいのスペックが必要かちょっと考えます。

CPU

最低でもCore i5だと思います。
Core i3だとちょっとパワー不足。Celeronなんてもってのほか。

ってーことで最低でもCore i5です。

メモリ

8GB以上。
4GBじゃサクサク感を得る前にモッサリ感で窒息死する!

ストレージ

126GB以上のSSD。
HDDだと起動が遅くなるのでNGです。

OS

AD参加もリモートデスクトップもやる予定は無いですが、世の中何があるのかわからないと考えてWindows10 Proでいきます。

重さ

欲を言うなら1.1kg未満ですが、ここは1.5kg未満で妥協します。

サイズ

Macbook Air 11inchの横幅が30cmということなので、最大30cmで探します。
奥行きは20cm。

比較対象となる商品を探す

求めるスペックも決まったので、希望スペックを満たすノートPCを探していきます。
情報元は価格コムでいきます。

と、いうことで出てきたノートPCがこちら

パナソニック Let's note RZ6 CF-RZ6LFMQR SIMフリー 価格比較
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:933位 ■満足度レビュー:0人 ■クチコミ:1件 (※11月4日時点)
パナソニック Let's note RZ6 CF-RZ6PFMQR SIMフリー 価格比較
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:1378位 ■満足度レビュー:0人 ■クチコミ:0件 (※11月4日時点)

Ω\ζ°)チーン
いや、200,000円超えとか高くて買えないよ。・゚・(ノД`)・゚・。

サイズ、重量を妥協してMacbook Air 2017よりちょっと大きめで探す

今度は幅34.0cm、奥行き24.0cm、重量1.5kgで探すことに。

おぉ!いい感じに出てきた出てきた!

ここからサイズと重さをちょろっと削ってお値段と見合わせて買い替え候補になりそうなのが↓

東芝 dynabook RZ63/FS PRZ63FS-NRC 13.3型フルHD Core i5-6200U 256GB_SSD Officeなし 価格比較
■最安価格(税込):111,024円 ■価格.com売れ筋ランキング:1258位 ■満足度レビュー:4.00(1人) ■クチコミ:0件 (※11月4日時点)

東芝のDynabook。直販モデルです。
SSDがデフォ256G、メモリは8GBあるのに空きスロが2つあるってなかなか魅力的…。
CPUの2.3GHzがちょーっと気になるところですが、お値段的にはこんなモンかもしれないですね。

とか言いながら重量1kgまで、サイズ選択ナシで検索したらこんなん出てきた

ASUS Zenbook 3 Windows10Pro搭載 LimitedEdition UX390UA-GS032R NTT-X Store限定モデル 価格比較
ASUS Zenbook 3 Windows10Pro搭載 LimitedEdition UX390UA-GS032R NTT-X Store限定モデル全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります。

駆動時間が若干短いものの、0.91kgという軽さは魅力的。
あ、でもUSB Type.C以外のポートが無さそうなのでコレはコレでネックになりうるかも。

仮にWindowsのノートPCに買い換えるとしたらZenbook3になるかなぁ?

WindowsのノートPCも負けてなかった

ということで、Macbookの乗り換え先としてWindowsのノートPCを検討してみました。

でも、MacOSのサクサク感ってWindowsでは得られにくいんですよねぇ。
WWDCまでの1週間、変わらず悩まされそうです。

それでは、えーともでした!


Macbookがダメになった件については↓を見てみてね!

Macbook Airお亡くなりになる…の記録
言葉にできな~い♪ってレベルじゃねーぞ!Macbook Airの水没から回復不能と判断するまでのすったもんだの軌跡。巻き込み事故の如く起動不能になる元相棒。いつ起動不能になるかわからないパソコンと共にWWDCまでの一週間を切り抜けろ!

コメント