Oculus Goでリラックス〜。Guided Meditation VRをやってみた。

Oculus GoでGuided Meditation VRをやってみた感想 Oculus Go

どーも。えーともです。

最近ストレスが溜まっていて、自然の中でリフレッシュやリラックスしたいなぁと思うことってありませんか?
森林浴とかしたいのに忙しかったり、自然が遠くて行けなくてお悩みではありませんか?

今回はOculus Goで自然豊かな環境を視覚、聴覚で味わえるリラクゼーションアプリGuided Meditation VRをご紹介。
瞑想(マインドフルネス)をするためのアプリなのですが、リラックス用途にも使える素敵アプリです。

Guided Meditation VRとは?

Oculus Go、Gear VR、Oculus Riftで配信されている瞑想(マインドフルネス)をサポートするアプリです。
Oculus Rift版だけなぜか有料(1,500円くらい)です。
GoとGear VRでは無料。マジオススメ。

Guided Meditation VRはアプリページの説明曰く、100種類以上の緑豊かな環境(by Google翻訳)を味わえるそうです。

Guided Meditation VR環境選択画面

自然豊かなフィールドを何種類かの位置、角度から選択できるようになってます。

スタート画面左の「CUSTOM MEDITATION」から瞑想(マインドフルネス)を開始するとフィールドデータのダウンロード後に音楽やガイド音声、瞑想する時間の選択ができます。

Guided Meditation VR - 音楽の選択画面

音楽の選択画面

Guided Meditation VR - ガイド音声(英語)の選択画面

ガイド音声(英語)の選択画面

Guided Meditation VR - 時間の設定

自動終了できるように時間も選択できます

瞑想(マインドフルネス)だからって目を閉じる必要はない

Guided Meditation VRは瞑想(マインドフルネス)のサポートアプリですが、だからって瞑想(マインドフルネス)する必要はありません。

リラックスするために

SHINSHU-FIELDって名前のフィールドだった気がする。 Windows XPっぽい

景色を眺めたり

これで雲が動いてくれれば最高

ひたすら空を眺める

なーんてコトをしても良いのです。

Guided Meditation VRスタート画面

スタート画面

画面左の「START FEATURED MEDITATION」から開始すると英語音声でボソボソ何か言ってますが、リターンボタンからガイド音声と音楽を消しちゃえば自然の環境に没入できます。マジで自然最高!って思えるグラフィックではありませんが(笑)

ボーっとしてたら寝落ちした

先日体調を崩した際「外は雨、偏頭痛収まらない」でうんざりしていたのでGuided Meditation VRで晴天の滝のある場所に没入し、ゴロ寝しながら空を眺めていたらいつの間にやら寝落ち。

グラフィックは「めっちゃ最高やー!」ってレベルではないのですが、没入してリラックスする分には十分です。何より無料だし。

夜寝る前の使用はブルーライトの影響を考えると個人的には非推奨です。
昼寝向け。
寝る前リラックスならホームスターVRをどうぞ

ロードが長いのが難点

タイトル画面でフィールドや設定を選択して開始を押すと、ロード画面が入るのですがゲームアプリ等と比べるとロード画面がちょっと長いです。
各フィールドは内部ストレージではなくサーバー上に保存されているようです。
スマホからのテザリングで通信しているとロード時間が長くなる可能性があるのでご注意ください。

また、タイトル画面から「START FEATURED MEDITATION」で開始する際の選択方法も独特。
カーソル合わせただけでフィールドの選択が変更されます。
思った通りのフィールドが選択できなかったりするので若干ストレスたまります。

リラックスできなくて困ってる人にはうってつけ

ロード長かったり、タイトル画面で景色がガンガン切り替わってVR酔いするポイントはあるものの、始まってさえしまえばリラックスモード突入のパラダイスです。
ちょっとのストレスくらい我慢しよう。無料だし。

えーとも
えーとも

開始さえしてしまえば良いのだ!そこまでが体調不良時には難関だけど!

と、いうことでOculus Go / Oculus Rift / Gear VR専用の瞑想(マインドフルネス)サポートアプリ「Guided Meditation VR」のご紹介でした。

ストレス溜まってしゃーない人や、森林浴したり自然を眺めたりしたい方はぜひダウンロードしてみてくださいね〜。

それでは、えーともでした!

コメント