【レビュー】おそうじ本舗にエアコンクリーニングをしてもらった

【レビュー】おそうじ本舗にエアコンクリーニングをしてもらった 家電類
えーとも
えーとも

どーも。えーともです。

「エアコンをクリーニングしたいけど、自分でするのは難しそう」
「エアコンクリーニング、どこに頼むか悩むなぁ」
「エアコンクリーニングって実際にキレイになるの?」

そんなお悩みをお持ちの方向けの記事です。
今回、おそうじ本舗にエアコンクリーニングを依頼した際の流れとエアコンクリーニングをしてもらった感想を紹介していきます。

ピンポイントで情報を確認したい方は↓の目次からどうぞ。

エアコンクリーニングを頼んだ理由

今回、おそうじ本舗にエアコンクリーニングを頼んだ理由は主に4つ。

  1. カビの臭いが気になった
  2. 送風口からカビが見えた
  3. お掃除機能付きエアコンだから市販のスプレーでの洗浄ができない
  4. お掃除機能付きエアコンだから自力で解体&組み立てできる自信が無かった

特に「送風口からカビが見えた」は気分的に使うのがイヤになりますね。
ハウスダストアレルギー持ちなので「カビの胞子が家中飛んでる」って思うとそれだけで鼻水が出てきます(;´Д`)

3,4については購入してから後悔しました。
フィルター掃除の手間がかなり省けるのですが、自分で洗浄できないのは痛手すぎます。

業者選定からスケジュールの決定まで

業者選定

エアコンクリーニングの業者、いくつかあって迷いますよね。
私は今回「カジタク」と「おそうじ本舗」をピックアップしました。

この2つを選んだ理由は下記の2つ

  • 大きな企業だし、保険ありそう
  • 地方部でも対応してそう

最初は「カジタク」にしようと思って申込みのページまで行きました。
が、注意事項に「掃除スペースとして、エアコンが天井と両壁から10cm以上、下(家具や床)から30cm以上の余幅が必要」と書いてありました。
我が家のエアコンは高めに取り付けてあり、天井に10cm以上の余白が無いので「カジタク」は諦めました。

天井とエアコンが10cm以上離れていない例

我が家のエアコン。明らかに天井と10cm離れていない

おそうじ本舗」のほうは注意事項欄に余白の情報が無かったので「ワンチャンありそう」ってことで見積を依頼。
「カジタク」と比べてお値段高そうなのが気にかかりましたが

  • 最高額がサイト内に明記されていた
  • 店舗が近くにあるコトを知っていた

ということで「まぁ大丈夫でしょ」と思い見積を依頼しました。

おそうじ本舗から電話が来る

見積を依頼した数日後、おそうじ本舗から電話が来ました。
この時電話をしてきたのは本部ではなく、担当してくれる店舗からでした。

電話口でエアコンの型番を聞かれたのですが、型番を控えてなかったので改めて連絡することに。
この時、お互いの連絡先が携帯だったのでSMSで型番を連絡することにしました。

エアコンの型番を連絡した後、もう一度おそうじ本舗から電話が来ました。
電話内容は見積とスケジュールについて。

クリーニング費用は最高額の21,589円(税込)。
そのままスケジュールの話に移行しました。

こちらからは「候補になる日時をメールしてもらいたい」と言ったのですが「リアルタイムにスケジュールが埋まっていく状況なので難しい」との返答。
その場で覚えている空き日程を伝えてスケジュールを決定。
お互いのスケジュールが合わなかったのもあるのですが、最終的に見積申し込んでから実施日まで3週間ほど間が空きました

えーとも
えーとも

思い立ったが吉日ではないけど、早めに申し込んでおいたほうが良さそう。

今年は特に猛暑だったからクリーニングの日が待ち遠しかった。

見積&スケジュール決定の電話の際に当日の注意事項も伝えられました

  • 当日の都合によっては予定時刻から30分ほど時間が前後するかも
  • 洗浄をするのにエアコン周辺に約2畳分のスペースが必要
  • 部品を洗浄するためにベランダやお風呂を使わせてもらうこと

大きな家具は当日移動させてくれるとのコトでしたが、エアコン周辺にスペースを確保しづらい場合は事前に伝えておいたほうが良さそうです。



エアコンクリーニング当日の流れ

予定時刻の1時間ほど前に「直前の仕事が早く終わったので今から行ってもよいか」という確認の電話。
全く問題無いどころか早くやってほしかったので二つ返事でOK。
到着時刻は事前の電話通り「予定時刻の30分ほど前」になりました。

エアコンクリーニング実施前

おそうじ本舗さんは2人1組で来てくれました。
クリーニングするエアコンを確認して準備開始。

まずはエアコンの状態を確認。
送風口からから中の状態を写真撮影し、電源のON/OFFとお掃除ユニットの動作確認。

エアコン内部のカビ

衝撃のビフォー。5年分溜まってるので思った以上にヤバい…。

その場でオプションの防カビチタンコーティングをするか確認されました。
エアコンクリーニングの効果が長持ちするならと考えてOK。追加費用は3,240円(税込)。

「買い換える時はお掃除機能の無いエアコンのほうがいいですよ〜。」とのお言葉もいただきました。理由としては

  • 商品価格が高い(通常のエアコン+5〜10万円ほど)
  • エアコンクリーニングの価格も高い(今回は2倍以上した)
  • お掃除機能はフィンまで掃除してくれない
  • お掃除ユニットが故障してエアコンが使えなくなることもある

みたいな感じでした。
ポジショントークに聞こえたけど、きっと気のせい。

その後、エアコンクリーニングの流れを説明していただいて準備スタート。

エアコンの下に2畳分ほどの厚手の防水シートを敷き、そこに使用する道具などを乗せていきます。
エアコンの斜め下にテレビがあるのですが、そちらには薄いビニールを被せてくれました。

2畳分の防水シートの上に所狭しと道具が載っていく

途中、エアコンの外装を取り外しながら「これはすごい」って言ってハンディ掃除機を取ってきていました。

えーとも
えーとも

外装部分は5年以上手入れしてないからな。

そりゃすごいことなってますよ。

エアコンクリーニング開始

道具を揃えた後、1人が脚立の上に載ってエアコンを解体。
途中、お掃除ユニットの取り外しのために2人乗ってました。

えーとも
えーとも

世の中にはこんな脚立があるんやなぁって思いながら眺めてました。

我が家のエアコンは

  • 外装
  • フィルター
  • お掃除ユニット
  • 送風口の一部

を取り外されてあれよあれよという間にフィンをむき出しにされました。

解体開始からここまで10分かかってない気がする

外装を取り外したらエアコン周辺に汚れがつかないように薄手のビニールシートで養生します。

ビニールはろうと型になっていて、先っぽがバケツの中に入っています。

1人がエアコンの解体〜洗浄をしているうちに、もう1人の方は取り外したパーツをベランダに持って行き、高圧洗浄機と洗剤で洗浄していました。

エアコン解体後、本体のフィンを洗浄していきます。

  1. 高圧洗浄機で汚れを除去
  2. 洗剤をつける
  3. 高圧洗浄機とスチームでカビとかを除去
  4. 防カビの薬剤をスプレー
  5. チタンコーティング
  6. 送風機(ドライヤーみたいなの)で乾かす

だいたいこんな感じの流れでした(メモるの忘れてた)。

スチームでカビを除菌してるトコ

高圧洗浄機やスチームで使った水分はビニールを伝ってバケツに溜まっていきます。

高圧洗浄機の音がすごい大きいので気になる場合は事前に「○時からちょっと音がするかもしれません」と一言伝えておくとトラブルにならなくて良いかもです。
音がする時間は1時間も無いのですが、気にする方は気にしますからね〜。

高圧洗浄機もスチームも水分を使っているので送風機で念入りに乾かしてました。
水分残ってたらまたカビが出てきちゃいますからねぇ(;´Д`)

防カビチタンコーティングは本体のフィンのほか、取り外したパーツの部分にもやっていただけました。

クリーニングが終わったらエアコンを元に戻していきます。
途中、お掃除ユニットの取り付けに手間取っていたので「素人の自分はできなさそうだなぁ」とちょっと思いました。
この辺りの手間がお値段に載ってきているんでしょうねぇ…。

えーとも
えーとも

普通のエアコンクリーニング(10,789円)と比べて2倍以上ってのがちょっとネック…

エアコンを元に戻したら作業後の写真を撮って、道具と防水シートを回収。
カンタンに動作確認をしたらエアコンクリーニング終了です。

お支払い

お支払い方法は現金のほか、楽天ペイ、クレジットカードが利用可能。
楽天ペイが使える店舗と使えない店舗があるっぽいので注意が必要です。

楽天ポイントが貯まってて仕方ないって人は楽天ポイントで支払うとお財布に優しいです。

えーとも
えーとも

楽天ポイントで支払いたい場合は楽天ペイが使えるか事前に確認しときましょう


おそうじ本舗さんが来てからお支払いを終えて撤収するまでは大体70分〜80分ほど。
事前の電話で「90分くらいです」と宣言されていたので予定通りでした。

ただ、作業をする方によって所要時間が増減するようで公式サイトではサービス時間が3〜4時間となっていました。

エアコンクリーニング ビフォーアフター

エアコンクリーニングをした結果

  • カビの臭いがほぼ無くなった
  • 冷却効率がバツグンに良くなった

という2つの効果を実感しました。

また、ビフォーアフターの写真も送っていただいたので各部分を写真で説明していきます。

送風口

エアコンクリーニング ビフォーアフター

左がビフォー、右がアフター

洗浄前と洗浄後の送風口の様子。
黒カビとホコリがこびりついていたのがキレイになくなっているのが見てわかります。

お掃除ユニット

エアコンクリーニング ビフォーアフター

左がビフォー、右がアフター。めっちゃキレイ。

こちらはホコリまみれだったお掃除ユニット。
ホコリがなくなり、フィルターに詰まっていた汚れも高圧洗浄機で吹っ飛ばされてピッカピカに。

左のブラシ部分はハケで汚れを取り、掃除機で細かい汚れも吸い込んでた感じです。

えーとも
えーとも

今後はフィルター掃除こまめにしようと思います…。

お掃除ユニットの基盤?部分

お掃除ユニットの基盤?部分にもこんな感じでホコリがついていたのですが、こちらも取り外してキレイにしてもらえました。

お掃除ユニット自体にもホコリがこびりつくんですねぇ…。

アルミフィン(アフターのみ)

エアコンクリーニング アフター

本体についてるフィン。ピカピカになった気がする。

エアコン本体のフィン。
カビとかホコリが無くなってキレイになっています。
色的にはビフォーアフターでそんなに差が出てなかった気がするのですが、きっと外が明るすぎたせいだと思う。


おそうじ本舗にエアコンクリーニングを頼んだ感想

カビの臭いもほとんど無くなって、これで安心してエアコンが使えると思うと「やってもらってよかったなぁ」と思います。
お掃除機能付きだと値が張るのだけがネックですかね(ヽ´ω`)
作業見てると「2倍にするほどのコトかな…」って思うのですが、そこは技術料と安心料と思うことにします。
作業後に何か不具合発生しても保険かけてなかったら保証してもらえないですしね。

今年の夏は異様に暑いので冷却効率が良くなったのもメリットですね。
これで少しは電力の節約につながればと思います。

防カビチタンコーティングしてもらいましたが、2年以上もたせたいのでカビ対策をしっかり実施してカビが生えないように努力したいと思います。
カビ対策についてはねとらぼのコチラの記事を参考にやっていきます。

えーとも
えーとも

おそうじ本舗にエアコンクリーニング頼んでみようって方は↓のバナーからお問い合わせしてみてくださいね〜

それでは、えーともでした!



コメント