独自ドメインを手放すのは止めといたほうがいい理由

雑記
えーとも
えーとも

どーも。えーともです。

ゲームをやりすぎて生活サイクル乱れて体調サゲサゲです。

20代の頃と比べると歳を感じます。

さて、今回の記事は

  • ブログ飽きたしドメイン更新やめとこっかなー
  • ブログ運営して数ヶ月経つけど、ドメインを変えたくなってきた

といった「独自ドメインを手放すか考え中」の方向けの内容となっております。

ドメインも「価値のある資産」

ブログ運営関連の情報でよく見かける「少しずつ生産してきた記事が資産となる」というお話。

ブログって実は「記事」以外にも資産となるものがあるんです。

それは「ドメイン」です。

ドメインは取得からの経過時間が価値となる

Webサイトは下記2つの条件を満たすコトで検索エンジンからの評価が上がっていきます。

  1. ドメインの取得から年月が経過する
  2. 検索ユーザーにとって良質なコンテンツを発信する

1の年月は「時間」なので、どのような手段を用いても短縮化することができません。

2についてはライターさんに外注したり、自分の作業量、掲載している情報のカテゴリ次第でガンガン評価は上げられます。
ですが、新規に取得したドメインでは「1.ドメインの取得から年月が経過する」の条件が満たされていないため検索順位が上がりにくいのが現実です。

と、いうことでほんの数ヶ月だけでも運営したブログのドメインは価値があります。

取得から年数が経過したドメインを手放すとどうなるか

かつて多くのアクセスを集め、数年が経過してドメインが手放された例があります。

どんなドメインかっていうとアニメの公式サイトのドメインです。

2007年にテレビ放送された、とあるアニメの独自ドメイン( bokurano.jp )が中古ドメイン市場に流れました。

中古ドメイン市場は誰かが取得して運営したドメインを更新しなかった結果、どっかの業者が同じドメインを取得し直して販売しているトコ。
ドメインの価値によってお値段が上下する。

現在、同ドメインはアフィリエイターが運営するサイトとなっています。

配信サイトでアニメを知って「もう少し詳しい情報を見たい」と思って公式サイトにアクセスしたらアフィリエイトサイトになってたなんてコトが昔はよくありました。

えーとも
えーとも

もしかしたら今もあるかもしんない。

アフィリエイトサイトに化けるならまだ良いほうで、ウイルス配布用のサイトに化けたり風俗サイトに化けたらえらいこっちゃです。

「名刺にブログのURL載せててドメイン手放したら風俗サイトになった」なんてコトあったら信用失墜もえーとこですね。

中古ドメインが使われる理由

中古ドメインは先に書いた「1.ドメインの取得から年月が経過する」の条件が既に満たされているため新規ドメインを取得するより早く、簡単に検索順位を上げることができます。

なので

  • ドメインにこだわりがない
  • 手っ取り早くアクセスを集められるサイトを作りたい

そんなときは、資金の許す範囲で中古ドメインを購入してサイトを作るコトもあります。

ドメインとサイトを残しておけば、いつでもブログを再開できる

「ブログに飽きたからドメイン更新やめとこうかな」と思ってドメインを手放したとします。

それから数カ月後「またブログやりたいなぁ」って思った時どうしますか?
ゼロからやり直すよりも、多少はプラスの状態から再開したいという人のほうが多いかと思います。

そういう時のためにもドメインを更新しておいたほうが自分のためです。
更新が無かった期間、検索エンジンからの評価は落ちているかもしれません。
ですが、更新を再開すれば評価はすぐに上がってきます。

えーとも
えーとも

発生している収益が更新費用を上回るなら、未来の自分のためにもドメインを手放すのはやめときましょ〜

ドメインを変えたい場合の対処法

「ブログは続けたいけど、今のドメインから変えたい」と思っている方は、新しいドメインを取得した後、元のドメインから新しいドメインに「301リダイレクト」をかけるとドメインの評価をだいたい引き継げます。

えーとも
えーとも

とある案件でドメイン移行をやった時は9割くらいは評価が移動してたと思う。

 

ただ、リダイレクトをかけても元のドメインの価値がゼロになることはありません。

例に漏れず、手放したドメインはアフィリエイトサイトに化けてます。

301リダイレクトとは

301というのはHTTPのステータスコードを指します。
HTTPってのはWebサイトの情報を送受信するための通信プロトコルです。

で、HTTPステータスコードの301というのは「コンテンツの恒久的な移動」を意味します。

元のドメインから新しいドメインに「301リダイレクト」をかけると「ここのサイトは新しいドメインに移動したよ〜」と検索エンジンのクローラーとかに伝えられます。

えーとも
えーとも

具体的なやり方については「ドメイン 移行 リダイレクト」みたいなキーワードで検索してみてね


と、いうことでドメインを変えたい(移行したい)ときは301リダイレクトをかけると良いでしょう。

えーとも
えーとも

ドメイン移行案件をした際、移行後1年以上は元ドメインを保持するようにしてました。

元ドメインが取得してから長かったのと「Direct」からの流入がチラホラあったためです。

 

ブログの場合、取得後数ヶ月でドメイン移行するなら保持期間は短くてもええんちゃうかな。

サイトもドメインも大事に扱いましょう

と、いうことで少しでもサイト運営を行ったドメインを安易に手放すのはやめときましょうね。

これからブログを始めるために情報収集をされている方は、ブログのテーマが変わっても問題が無いようなドメインを取得するように意識しましょう。

取得前にどんなドメインにするか真剣に考えてからドメインを取得すると愛着も湧きますよ。

えーとも
えーとも

それでは、えーともでした♪

コメント